開催日:2019年9月12日(木)

デモの自由を返せ!
古瀬かなこ×いのうえしんぢ×小倉利丸 TALK SHOW

第175回 ESPACE BIBLIO 文明講座
「デモってラブレター!?」(樹花舎)刊行記念
デモの自由を返せ!
裁判と路上から
古瀬かなこ×いのうえしんぢ×小倉利丸 TALK SHOW

2011年5月、福岡で行われた脱原発デモ。このデモ行進に、警察からの妨害があった。届けを出していたにもかかわらず、警察はデモ隊を公園から出さなかったのだ。「何もしないでいたら、これから自由にデモもできなくなる・・・」、そう考えた主宰者である市民が選んだのは「裁判」という手法。しかも、弁護士をつけない「本人訴訟」だった。国家権力を相手にケンカ。勝てる保証なんてない。だけど、そのままやり過ごすことだけはしたくなかった。黙っていれば、いつのまにか権力側に都合のいい仕組みが作られてしまう現代だからこそ、新しいスタイルによる社会や政治に対する異議申し立てに関心のある幅広い層の方々のご参加をお待ちしています。

トークショー終了後、出演者を囲んで懇親会を開きます。
1ドリンク付き(赤ワイン、白ワイン、ウーロン茶)500円。

[日時]2019年9月12日(木)18:30〜(18:00開場)  懇親会20:30〜

[参加費]2,000円(当日精算)
*懇親会 500円(当日精算)

[予約制]メール(info@espacebiblio.superstudio.co.jp
または電話(Tel.03-6821-5703)にて受付。

●メール受付:件名「9/12 表現の自由はどこへトーク希望」にて
お名前・電話番号・参加人数をお知らせ下さい。
おって返信メールで予約完了をお知らせいたします。

●電話受付:03-6821-5703(火→土11:30→20:00)

※定員70名様

[会 場]ESPACE BIBLIO(エスパス・ビブリオ)
地図→http://espacebiblio.superstudio.co.jp/?page_id=2
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台1-7-10 YK駿河台ビルB1F
電話:03-6821-5703


スピーカー 古瀬かなこ ふるせ・かなこ
2008年頃より、玄海原発のプルサーマル発電反対運動に関わって市民運動デヴュー。デモや路上アピールでは、わかりやすい言葉で話すよう心がけている。サウンドデモ裁判の原告。ふだんは、マッサージ店を営み、タロットや数秘術などもやっている。音楽と落語好き。

スピーカー いのうえしんぢ
フリーのイラストレーター。最終学歴:姪浜自動車学校。挿絵に「いじめの直し方」(朝日新聞出版)、「麦の穂との約束」(石風社)、「ひだまり日記」(梓書院)、「教育事始」(解放出版社)など。2001年911テロ事件をキッカケにデモや講演会などを企画することに。

スピーカー 小倉利丸 おぐら・としまる
2015年まで富山大学で教員をつとめるかたわら、表現の自由をめぐる問題や、監視社会批判の活動などを行ってきた。著書に「絶望のユートピア」(桂書房)、「グローバル化と監視警察国家への抵抗─戦時電子政府の検証と批判」(編著、樹花舎)、「路上に自由を」(編著、インパクト出版会)、「アシッド・キャピタリズム」(青弓社)、「カルチャー・クラッシュ」(社会評論社)など。最近はタトゥやクラブ規制などにも取り組んでいる。