ユペールとシャブロル

こんにちは。

今月のモニター付近の蔵書フェアは4/9(土)に開催するトークショー(滝本誠氏×大久保清朗氏→http://espacebiblio.superstudio.co.jp/biblio/event/2011/0409.html)のテーマになる映画監督クロード・シャブロルに関するものを集めました。

今回のイベント開催の契機になったシャブロル関する初の単行本や80~90年代「主婦マリーがしたこと」「沈黙の女/ロウフィールド館の惨劇」「ボヴァリー夫人」等で彼の作品のミューズであった女優イザベル・ユペールの写真集などです。
写真でモニター再生中のものは「沈黙の女/ロウフィールド館の惨劇」。

DSC_huppe3.jpg
DSC_huppe2.jpg
DSC_huppe1.jpg

『不完全さの醍醐味 クロード・シャブロルとの対話』清流出版 著:フランソワ・ゲリフ 翻訳:大久保清朗 2011年
『ISABELLE HUPPERT woman of many faces』Abrams 2002年
『ユリイカ 臨時増刊 ヌーヴェル・ヴァーグ30年』青土社 1989年