開催日:2019年5月26日(日)

緊急配信!うそはもうイヤだ! TALK SHOW
望月衣塑子、吉岡 忍、 鹿島 健、梓澤和幸

岩波ブックレット「国家機密と良心」刊行記念
うそはもうイヤだ! TALK SHOW
東京新聞社会部記者:望月衣塑子
日本ペンクラブ会長:吉岡 忍
TOSMOS会員:鹿島 健
コーディネーター:梓澤和幸

本書の意味を、日本のいまに照らして、検証する。
失職、投獄、処刑を覚悟のうえ、ベトナム戦争の真実を書いたアメリカ政府文書「ペンタゴンペーパーズ」を暴露し、大統領を窮地に追い込んだ男、戦争をやめさせるために良心を輝かせた男、ダニエル・エルズバーグ氏が初めて語るインタビューの記録が書籍となりました。発行を記念して、今、官房長官記者会見で誠実に努力を続ける望月衣塑子記者を招いて講演とトークショーを行います。みなさまぜひご参加ください。
後援:日本ペンクラブ・岩波書店
主催:エルズバーグ実行委員会・News for the People in Japan(NPJ)
協力:エスパス・ビブリオ

[日時]2018年5月26日(日)14:00〜16:30(13:30開場)

[参加費]一般1,500円 学生1,000円(当日精算)
参加者全員に『国家機密と良心』(定価740円+税)贈呈

[予約制]メール(info@espacebiblio.superstudio.co.jp
または電話(Tel.03-6821-5703)にて受付。

●メール受付:件名「5/26 望月トーク希望」にて
お名前・電話番号・参加人数をお知らせ下さい。
おって返信メールで予約完了をお知らせいたします。

●電話受付:03-6821-5703(火→土11:30→20:00)

※定員70名様

[会 場]ESPACE BIBLIO(エスパス・ビブリオ)
地図→http://espacebiblio.superstudio.co.jp/?page_id=2
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台1-7-10 YK駿河台ビルB1F
電話:03-6821-5703


望月衣塑子 もちづき いそこ
官房長官の会見で、鋭い質問を続ける望月記者が、エルズバーグの告白に感じたこと。重大な秘密を託されたとき、記者はどうするのか。森友学園、加計学園、辺野古(沖縄県)の現在は? 問われる取材力、勇気、良心を語る。

吉岡 忍 よしおか しのぶ
それはどんな汚れた戦争だったのか。「ペンタゴンペーパーズ」暴露の反響とは? 高校生であった吉岡氏の目にうつった戦争の真実と米軍兵士たちの苦悩とは。

鹿島 健 かしま けん
20代、30代の若者は、本書で語られる戦争当時のアメリカの成人たちの行動に何を感じ取るか。

梓澤和幸 あずさわ かずゆき
エルズバーグ氏へのインタビューをなぜ試みようとしたか。その動機を思い起こしつつ、本書の意味を問いたい。