開催日:2018年9月15日

古楽ライブ「楽譜から見た美しいフランスの歌とリュートの調べ」

古楽ライブ「楽譜から見た美しいフランスの歌とリュートの調べ」
ソプラノ:高橋美千子
リュート:佐藤亜紀子

フランスの昔の美しい彩色楽譜や出版譜、手稿譜などをスクリーンで見ながら、フランスのルネサンス時代にヒットした歌曲、絶対王政時代に貴族が楽しんでいた音楽を演奏します。リュートは当時の王侯貴族がたしなんでいた楽器。小さなタイプのものと竿の長いタイプ(テオルボ)を使いますので、楽器の響きの違いもお楽しみに!昔の楽譜を複製したものも数点展示します。

演奏曲目:
Tant que vivray(花咲く日々に生きるかぎり)クロード・ド・セルミジ
Mille regretz (千々の悲しみ) ジョスカン・デ・プレ
Amis enivrons-nous (友よ、飲もうじゃないか) エティエンヌ・ムリニエ
Goûtons un doux repos(甘美な休息を味わおう) ミシェル・ランベール
Chaconne D` Arlequin (アルルカンのシャコンヌ)ロベール・ドゥヴィゼー(原曲ジャン・バプティスト・リュリ)他

日時:2018年9月15日(土) 15:00~16:30(14:30開場)
要予約 ワンドリンク付き3,000円(当日精算)

[予約制]メール(info@espacebiblio.superstudio.co.jp
または電話(Tel.03-6821-5703)にて受付。
●メール受付:件名「9/15 古楽ライブ希望」にて
お名前・電話番号・参加人数をお知らせ下さい。
おって返信メールで予約完了をお知らせいたします。

●電話受付:03-6821-5703(火→土11:30→20:00)

※定員50名様

[会 場]ESPACE BIBLIO(エスパス・ビブリオ)
地図→http://espacebiblio.superstudio.co.jp/?page_id=2
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台1-7-10 YK駿河台ビルB1F
電話:03-6821-5703

出演者プロフィール:

高橋美千子(ソプラノ)
東京芸術大学音楽学部声楽科ソプラノ専攻卒業後、女声アカペラグループ《アンサンブル・プラネタ》でCDデビュー。渡仏、パリ市立高等音楽院古楽科で研鑽を積む。フランス宮廷音楽やイギリスリュートソング、17世紀イタリア音楽から現代音楽委嘱作品まで幅広いレパートリーをもつ。フランスの著名指揮者たちから絶大な信頼を受け、ヴェルサイユ王室礼拝堂やアンブロネ音楽祭などで演奏、録音も多数。パリ在住。高橋美千子オフィシャルサイト www.takahashimichiko.com

佐藤亜紀子(リュート/テオルボ)
東京芸術大学音楽学部楽理科卒。ドイツ国立ケルン音楽大学でK.ユングヘーネル、スイス、バーゼル・スコラ・カントールムでH.スミス各氏に師事。独奏および通奏低音奏者として歌手、器楽奏者との共演、バロックオペラや室内楽等の共演多数。CD「ララバイ~イギリス・ルネサンス期のリュート音楽」をリリース。一昨年よりコンサートシリーズ「S .L. ヴァイスの作品を弾く」を開催。アイゼナハ音楽院リュートクラス講師。アトリエ楽古主宰 www.atelierlakko.com