20170225

ロジャー・ニコルス・アーカイヴスのすべて 講師:濱田高志

開催日:2017年2月25日

月刊てりとりぃ+Espace Biblio共同企画

「ロジャー・ニコルス・トレジャリー」発売記念
ロジャー・ニコルス・アーカイヴスのすべて
講師:濱田高志(アンソロジスト)

昨年12月に発売された作曲家ロジャー・ニコルスのデモ&CM作品集『ロジャー・ニコルス・トレジャリー』。およそ400曲のなかから厳選の末に編まれた同作品集だが、選にもれた楽曲のなかにも、まだまだ名曲が残されている。本講座ではそれらアルバム未収録曲を貴重な映像ともにご紹介。
企画・監修を務めたアンソロジストの濱田高志氏を迎えて送るアルバム制作秘話と貴重素材満載の特別講座を開催!!

[日時]2017年2月25日(土)15:00〜16:30(14:30開場)

[参加費]1,500円(当日精算)

[予約制]メール(info@espacebiblio.superstudio.co.jp
または電話(Tel.03-6821-5703)にて受付。

●メール受付:件名「2/25ロジャー・ニコルス講座希望」にて
お名前・電話番号・参加人数をお知らせ下さい。
おって返信メールで予約完了をお知らせいたします。

●電話受付:03-6821-5703(火→土11:30→20:00)

※定員40名様

[会 場]ESPACE BIBLIO(エスパス・ビブリオ)
地図→http://espacebiblio.superstudio.co.jp/?page_id=2
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台1-7-10 YK駿河台ビルB1F
電話:03-6821-5703


ゲストプロフィール:
濱田高志(はまだ・たかゆき)
音楽ライター兼アンソロジスト。これまで国内外で企画・監修したCDは500タイトルを数える。ほかに『MONO AQUIRAX 宇野亜喜良モノクローム作品集』、『Posters in Wadaland―和田誠ポスター集』(愛育社)といった画集の編集や、BSフジ『HIT SONG MAKERS 栄光のJ-POP伝説』の監修など様々な分野で活躍。現在は「イージーリスニング・ステーション」(USEN)の選曲やCM音楽を中心とした発掘企画「TV AGE」シリーズの企画・監修に従事。ミシェル・ルグランからの信頼も厚く、世界初の公認本「ミシェル・ルグラン 風のささやき」(音楽之友社)を執筆したほか、「柳原良平の仕事」「手塚治虫表紙絵集」など編・著作多数。なお前述の「ミシェル・ルグラン 風のささやき」は今秋増補改訂版の刊行が予定されている。

■『ロジャー・ニコルス・トレジャリー』とは
ソフト・ロックの名盤、渋谷系の聖典とも言われる1967年の『ロジャー・ニコルス&ザ・スモール・サークル・オブ・フレンズ』であまりにも有名なソングライター、ロジャー・ニコルスの全曲世界初音盤化の超レア音源集。
本企画の監修者、濱田高志氏がロジャー・ニコルスのデモやCM音源を中心に構成したアルバムを企画したのが1994年のこと。それからロジャー本人へ幾度となくアプローチし続けること10数年、音源の歴史的な価値やファンが熱望していることを伝え続け、ようやく商品化への説得に成功。
いよいよロジャー本人の自宅兼スタジオに眠る膨大なテープ倉庫から発掘作業がスタート。それから約5年の歳月を経て、遂に商品化が実現した。
12月にリリースされた『ロジャー・ニコルス・トレジャリー』は、デモ・セッションに、盟友ポール・ウィリアムスをはじめ SCOFやパレードのメンバーらも参加した、収録曲のすべてが初音盤化という奇蹟の一枚。 作曲家ロジャー・ニコルス、普遍のメロディの原石をここに集約。

□「月刊てりとりぃ」について
アンソロジストの濱田高志が編集・発行人を務めるフリーペーパーで、毎月最終土曜日に限定150部発行という少部数ながら、執筆陣は宇野亜喜良、村井邦彦、泉麻人、桜井順、古川タク、山上路夫、加藤紀子、鈴木啓之、加藤義彦、駒形四郎、草野浩二ほか様々な分野から総勢60数名が寄稿している。
また週刊ペースで「月刊」とは全く異なる記事によるWEBマガジン「週刊てりとりぃ」(http://weeklyterritory.blogspot.jp)も配信中(毎週木曜日深夜更新)。こちらでは桜井順×古川タクによる新作アニメーションやアーティストのインタビュー動画、同人によるおすすめアイテムの紹介記事などが掲載されている。