2016.04.09 江草啓介トーク・ライヴ 〈ヤノピの親父〉かく語りき

Espace Biblio×月刊てりとりぃ 共同企画
江草啓介トーク・ライヴ
〈ヤノピの親父〉かく語りき

「喝采」、「真夏の出来事」から「すきすきソング」、「キャンディ・キャンディ」に「病院坂の首縊りの家」、さらには「きよしのズンドコ節」まで。ピアニストにして作・編曲家の江草啓介が語るジャズ、歌謡曲、アニメ主題歌の数々。喜寿を記念した初のトークライヴが開催!

ゲスト:江草啓介
聞き手:馬飼野元宏、ガモウユウイチ

[日時]2016年4月9日(土)
15:00〜17
:00(14:30開場)

[参加費]2,000円(当日精算)

[予約制]メール(info@espacebiblio.superstudio.co.jp)または電話(Tel.03-6821-5703)にて受付。

●メール受付:件名「4/9 江草氏トーク希望」にてお名前・電話番号・参加人数をお知らせ下さい。おって返信メールで予約完了をお知らせいたします。

●電話受付:03-6821-5703(火→土11:30→20:00)

※定員50名様

[会 場]ESPACE BIBLIO(エスパス・ビブリオ)
地図→http://espacebiblio.superstudio.co.jp/?page_id=2
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台1-7-10 YK駿河台ビルB1F
電話:03-6821-5703

「週刊てりとりぃ」http://weeklyterritory.blogspot.jp

ゲストプロフィール:

江草啓介(ピアニスト 作編曲家)
1939年 広島市福山市生まれ。 渡辺貞夫、藤家虹二、北村英治、鈴木章治、猪俣猛などのリーダーバンドでプレイした後、スタジオミュージシャンとして「もしもピアノが弾けたなら」「私はピアノ」「きよしのズンドコ節」など、数万曲のレコーディングに参加。 ステージのサポートは森山良子、雪村いづみ、尾崎紀世彦、さとう宗幸など多数。 2015年には岩谷時子メモリアルコンサートの音楽監督を務める。

馬飼野元宏(編集者)
映画雑誌『映画秘宝』編集部に所属、日本映画を担当する。ほか2005年より『HOTWAX 歌謡曲名曲名盤ガイド』(シンコー・ミュージック)を皮切りに音楽ライターとしても活動、「レコード・コレクターズ」誌等に、主に歌謡曲を中心に執筆。近年の監修書に『日本のフォーク完全読本』『昭和歌謡ポップスアルバムガイド』(ともにシンコー・ミュージック)、編集に『金田一耕助映像読本』『江戸川乱歩映像読本』(ともに洋泉社)など。

ガモウユウイチ(音楽ライター)
音楽ライター、編集者、ベーシスト。勁文社(ケイブンシャ)や『月刊歌謡曲』編集部などを経てフリーに。現在は、『てりとりぃ』『ギターマガジン』『ベースマガジン』などに執筆中。また、江藤勲、下野ヒトシ、鳩山薫、大平太一に師事。自らのバンドのロコモーティヴ・ポップなどで50枚以上のアルバムをリリースのほか、鈴木ミワカルテットなど 多くのバンドにベーシストとして参加。九十九一や住友優子への楽曲提供など、幅広く活動中。