2015.10.31 前田和泉×宮田眞治トークショー「鏡の二人 タルコフスキーとホフマンをめぐって」

前田和泉(本書訳者・ロシア文学者)×宮田眞治(ドイツ文学者)トークショー
「鏡の二人 タルコフスキーとホフマンをめぐって」
『ホフマニアーナ』(エクリ)刊行記念

今なお世界中に多くのファンをもつロシアの映画監督アンドレイ・タルコフスキー。
2016年に没後30年を迎える監督が生涯で制作した長編映画はわずか7本でした。
「ホフマニアーナ」は撮影開始を目前に亡くなったタルコフスキーの幻の8作目と言えます。
今回の対談はタルコフスキーと「もう一人の私」としてのホフマンを語る試みです。

[日時]2015年10月31日(土)15:30〜17:30(15:00開場)

[参加費]1,500円(当日精算)

[予約制]メール(info@espacebiblio.superstudio.co.jp
または電話(Tel.03-6821-5703)にて受付。

●メール受付:件名「10/31 前田氏+宮田氏トーク希望」にて
お名前・電話番号・参加人数をお知らせ下さい。
おって返信メールで予約完了をお知らせいたします。

●電話受付:03-6821-5703(火→土11:30→20:00)

※定員50名様

[会 場]ESPACE BIBLIO(エスパス・ビブリオ)
地図→http://espacebiblio.superstudio.co.jp/?page_id=2
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台1-7-10 YK駿河台ビルB1F
電話:03-6821-5703

[ゲストプロフィール]
前田和泉(まえだ・いずみ)
東京外国語大学言語文化学部准教授(20世紀ロシア詩、近現代ロシア文化)。神奈川県生まれ。著書に『マリーナ・ツヴェターエワ』(未知谷)、共著に『大学のロシア語Ⅰ・Ⅱ』(東京外国語大学出版会)、訳書にアンドレイ・クルコフ『大統領の最後の恋』(新潮社)、リュドミラ・ウリツカヤ『通訳ダニエル・シュタイン』(新潮社)、『アルセーニイ・タルコフスキー詩集 白い、白い日』(ECRIT)など。

宮田眞治(みやた・しんじ)
東京大学文学部准教授。1964年生まれ。18世紀、特に後期啓蒙主義とロマン主義を主な研究領域とする。『ドイツ文化55のキーワード』(編著・ミネルヴァ書房・2015年)『文学と映画のあいだ』(共著・東京大学出版会・2013年)など。

[書籍情報]
書名:『ホフマニアーナ』
作:アンドレイ・タルコフスキー
訳:前田和泉
挿画:山下陽子
価格:2,500円+税
刊行:2015 年9月中旬予定
デザイン:須山悠里
発行:エクリ