稲葉宏爾トークショー『パリ右眼左眼』(第Ⅱ期:全4回)

inaba#1.blog.jpg

[第81回 ESPACE BIBLIO 文明講座]

稲葉宏爾トークショー(第Ⅱ期:全4回)
『パリ右眼左眼』
~日常のパリ、素顔のパリを歩く~

70〜80年代に全盛時代の雑誌『クロワッサン』『アンアン』『エル・ジャポン』などのアート・ディレクターをつとめた稲葉宏爾氏。
1987年よりパリに在住している稲葉氏をお招きして今のパリの魅力を存分にお話ししていただきます。

第一回:「建築のリサイクル」
国立競技場問題でも顕在化したスクラップ&ビルドの日本。パリでは元製粉工場が大学の校舎に、廃駅は美術館やカフェにと古い建物の再利用が進んでいます。
日 時: 2014年11月15日(土)
14:00~16:00(13:30開場)

inaba#2.blog.jpg

第二回:「朝市、骨董市、ノエル市、ワイン市」
パリ市内には80ものマルシェがあり、市民の食生活を支えている。また路上に並ぶ古物市や骨董市、季節ごとに開かれるワインやノエルの市も暮らしを彩る。
日 時: 2014年12月19日(金)
19:00~21:00(18:30開場)

第三回:「世紀末の匂い、アールヌーヴォー」
1900年に開通したパリのメトロ駅で知られる建築家エクトール・ギマール。彼の設計した建物を中心に、パリに遺されたアールヌーヴォーを見て歩く。
日 時: 2015年1月24日(土)
14:00~16:00(13:30開場)

第四回:「ル・コルビュジエとその時代」
ペレの名作であるル・ランシーの教会、ル・コルビュジエやマレ・ステヴァンスの自宅アトリエなどを通して、モダニズムとアールデコの時代を探る。
日 時: 2015年2月20日(金)
19:00~21:00(18:30開場)

[参加費]:各日1,500円(要予約)

[予約制]メール(info@espacebiblio.superstudio.co.jp)または電話(Tel.03-6821-5703)にて受付。

メール受付:件名「稲葉氏トーク希望」参加希望日(複数日・各日受付可)・お名前・電話番号・参加人数、をお知らせ下さい。
おって返信メールで予約完了をお知らせいたします。

inaba#3.blog.jpg

    Tel.03-6821-5703
定員60名

[会 場]ESPACE BIBLIO(エスパス・ビブリオ)
地図→http://goo.gl/maps/uIPqv


講師プロフィール:
稲葉宏爾(いなば・こうじ)
北海道生まれ。東京教育大学教育学部芸術学科構成専攻卒業。
集合denの代表として、1970~90年代にかけて多くの雑誌や書籍のデザイン、アート・ディレクションを手がける。
1987年から、家族とともにパリ郊外に在住。
著書に『パリ右眼左眼』、『パリからの小さな旅』、『ガイドブックにないフランスぶらぶら案内』(阪急コミュニケーションズ)、『世界歴史の旅 フランス1・2』、『世界歴史の旅 パリ 建築と都市』(ともに福井憲彦と共著・山川出版社)、『路上観察で歩くパリ』(角川書店)、『改訂版 ガイドブックにないパリ案内』(阪急コミュニケーションズ)など。
ブログ『ばにゅうのやど』http://inabagneux.blogspot.com/

関連書籍情報:
「改訂版ガイドブックにないパリ案内」
阪急コミュニケーションズ 1800円+税
稲葉宏爾

「おいしいフランス おいしいパリ」
阪急コミュニケーションズ 1700円+税
稲葉由紀子 著
稲葉宏爾 写真