製本ワークショップ(4/24)「文庫本をハードカバー又はドイツ装に改装しよう」

ヨンネの製本ワークショップ
「文庫本をハードカバー又はドイツ装に改装しよう」

german1.blog.300.jpg

文庫本を改装する講座です
ハードカバーとドイツ装
どちらかを選んで受講することができます
(初心者の方にはハードカバーをオススメします)

・ハードカバー
好きな布を表紙にしたハードカバーの文庫本を作ります
中身の背の処理の仕方と表紙の作り方を学び
本の構造を理解しながら、文庫本を改装してみましょう

・ドイツ装
ドイツ装とは、背と表紙の部分が
別のパーツになっている装丁のことです
色の組み合わせを楽しむことができます
※背の部分はこちらで用意したものになります
※写真は参考作品です。

[日時]2014年4月24日(木)
15:00〜18:00(14:45受付開始)

[参加費]4,800円(当日精算、材料費込み、お飲み物付)

[定員]6名様

[予約制]メール(info@espacebiblio.superstudio.co.jp)または電話(Tel.03-6821-5703)にて受付。
●メール受付:件名「4/24製本ワークショップ希望」にて希望日・お名前・電話番号・参加人数 をお知らせ下さい。返信メールで予約完了をお知らせいたします。

※キャンセルのご連絡は、諸準備がございますので3日前までにお願いいたします。

[会 場]Espace Biblio(エスパス・ビブリオ)
地図→http://goo.gl/maps/uIPqv

[ご持参いただくもの]:
布(できれば綿)200mm×300mm
ばらしてもよい文庫本


【講師プロフィール】
植村愛音(うえむら・あいね)
書店、図書館勤務を経て、
図書の修理に興味を持ったことから、手製本工房まるみず組にて手製本の技術を学ぶ。
現在、「古本と手製本ヨンネ」として
本の修理や製作と、古本やものづくりのイベントに参加しながら
手で本をつくることの楽しさ、本の構造を知ることのおもしろさ
を伝える製本ワークショップを行っている。
古本と手製本 ヨンネ→http://yon-ne.com/