レナーテ・ザミ『一年』上映+トーク 映画の土曜日 東京編 part.4

Espace Biblio+アテネ・フランセ文化センター共同企画

レナーテ・ザミ監督来日記念
映画の土曜日 東京編 part.4
レナーテ・ザミ『一年』上映+トーク

聞き手:渋谷哲也(ドイツ映画研究)

「特集 レナーテ・ザミの世界」(2014年3月)の開催、そしてレナーテ・ザミ監督の初来日を記念して、ザミ監督がドイツで仲間たちと主催していたイベント「映画の土曜日」にちなんだ「映画の土曜日 東京編」を開催します。ザミ監督の作品の抜粋上映を交えつつ、ドイツ映画研究者の渋谷哲也氏が監督に来歴、映画観、思想をうかがいます。そして、ザミ監督の最新作『一年』(2011)を全編特別上映!

[日時]2014年3月15日(土)
14:00→16:30(13:30開場)

[参加方法]無料(要予約)

[予約制]メール(info@espacebiblio.superstudio.co.jp)または電話(Tel.03-6821-5703)にて受付。

●メール受付:件名「3/15 映画の土曜日希望」にてお名前・電話番号・参加人数をお知らせ下さい。おって返信メールで予約完了をお知らせいたします。

※定員60名様

[会 場]ESPACE BIBLIO(エスパス・ビブリオ)
地図→http://goo.gl/maps/uIPqv

主催:アテネ・フランセ文化センター、ESPACE BIBLIO
協力:レナーテ・ザミ
助成:科学研究費補助金 基盤研究(C)24520172


レナーテ・ザミ Renate Sami
1935年、ベルリン生まれ。ドイツ赤軍派に属した映画作家ホルガー・マインスが逮捕後にハンガーストライキを決行、亡くなったのを契機に、監督第一作『いずれ誰もが死ぬ、ただ問題はいかに死ぬか、そしていかに生きたかだ』(1975)を制作。その後、『ジャックポット』(1977)『物語を語る』(1978/79)『チェザレ・パヴェーゼ トリノ–サント・ステファノ・ベルボ』(1985)『ピラミッドと共に』(1990)等を監督。独自のスタイルで世界を見据える作品を作り続けている。

ein jahr 1.jpg

『一年』(Ein Jahr)
2011年(12分)※デジタル作品
監督:レナーテ・ザミ
一年の季節の移り変わりを自宅の窓から記録。12分の映像として作品化したザミ監督の現時点での最新作。2011年のニューヨーク映画祭でプレミア上映された。

渋谷哲也(しぶたに・てつや)
1965年生まれ。ドイツ映画研究者。東京国際大学准教授。著書に「若松孝二
反権力の肖像」(共著/作品社)「ファスビンダー」(共著編/現代思潮新社)等。ドイツ映画の上映企画、字幕翻訳も数多く手がける。

関連情報:
特集 レナーテ・ザミの世界
2014年3月13日(木)・3月14日(金)会場:ドイツ文化会館ホール
2014年3月16日(日)会場:映画美学校試写室
ホルガー・マインスの死を契機に、映画制作を開始したレナーテ・ザミ監督。7作品の上映によって、その孤高の歩みを辿る。ザミ監督の初来日も決定。
http://www.athenee.net/culturalcenter/program/sa/sami.html
主催:アテネ・フランセ文化センター 東京ドイツ文化センター